Try & Challenge.

未経験からのWeb制作学習や、ファッション、アパレル業界について。他雑多なことも。

【お題ブログ】お弁当生活のススメ

今週のお題「お弁当」

 

皆さん、お弁当は作りますか?

社会人は毎日コンビニ、もしくは定食屋や牛丼屋という方も多いのではないでしょうか。

 

僕は平日は基本的に弁当を会社に持参しています。

コンビニや弁当屋を利用していた時期もありますが、現在は弁当持参に落ち着きました。当然朝の準備の手間はありますが、メリットのほうが多いと思います。

今回は献立やそのメリット、準備に時間をかけない方法をまとめたいと思います。

 

 

献立

  • 冷凍した炊き込みご飯
  • 野菜惣菜(小)×2
  • 肉惣菜(小)×2 or 焼いた鶏胸肉

炊き込みご飯はスーパーで売っている混ぜて炊くだけのものを使用。

 

 惣菜は冷凍食品を使用して作る手間を省く。

毎週スーパーで鶏胸肉を1kg購入しているので、それを使用することもある。

 

金銭面でのメリット

これが一番弁当にするメリットだと思います。

コンビニや外食だと500円は最低でもかかるし、下手すると1000円オーバー。

上記の献立の場合、200円いくかどうか。

外食を700円と仮定し、週5日で考えると差額500円×5日=2500円/週となり、

年間で10万円以上の差が出てくる計算になる。

 

健康面でのメリット

栄養面でのコントロールが外食より簡単です。

コンビニや定食だと炭水化物に偏るメニューが多いし、高タンパク低糖質となると食べる場所を探すのも大変。

冷凍食品であればパッケージに栄養成分が記載してあるし、日々の食事量を一定にすれば昼食での栄養摂取量を毎回計算する必要もなくなります。

 

毎日の準備に時間をかけない方法

これは簡単。

週末に炊き込みご飯を炊いて弁当箱のサイズに合わせて一食分ずつラップに小分けして1週間分冷凍保存する。

冷凍食品の惣菜も週末に1週間分まとめ買い。

こうすれば冷凍庫に1週間分の弁当の中身が揃った状態にできるので、あとは朝起きてから弁当箱に詰めるだけ。夜に翌日分を弁当箱に詰めて箱ごと冷凍庫に入れておくと朝の手間も省けます。

 

思わぬメリット

毎日昼休みの時間になってからコンビニに行く人や、外食の店を探す人達に比べ昼休みを自由に使える時間が増えます。コンビニのレジ待ち行列の時間はムダ!!

日々の行動の習慣化ができます。

 

まとめ

昼食お弁当持参は良いこといっぱいです。

最近太ってきて痩せたいと思っている人の食事制限の第一歩、出費を抑えたい人の倹約の第一歩、昼休みの時間を有効活用したい人の時間管理の第一歩。

簡単だけど、効果大。

ということで、お弁当生活オススメします。